ワンストップ特例制度|ふるさと納税の仕組みを知ってお得な納税をしよう
カニ

ふるさと納税の仕組みを知ってお得な納税をしよう

ワンストップ特例制度

食材

税制改正が行なわれたことでふるさと納税に関連して新たに追加された制度がワンストップ特例制度です。利用するには条件を満たしている必要がありますが、その条件に当てはまれば確定申告をすることなくふるさと納税の寄付金控除を受けることが可能です。では、その条件とはどういったものでしょう。
ワンストップ特例制度を受けるための条件として大きく2つのものが存在します。ひとつ目は、1年間の間に寄付先の自治体が5以下の方です。この際、1年間の期間は1月1日から12月31日までの間となります。ふたつ目の条件は、確定申告をする必要のない方です。
ワンストップ特例制度を利用する際には申請を行ないます。この際、ふるさと納税による寄付を行なった回数分の申請が必要となるので注意が必要です。例えば、同一の自治体に2回寄付した場合、必要な申請回数は2回となります。
では、申請の際に必要な書類はなんでしょう。マイナンバー法の施行により、マイナンバーの記載されている資料は必須となりました。マイナンバーカードを発行されていない方は、マイナンバーの記載されている住民票でも問題ありません。マイナンバーカードの交付には時間がかかりますが、マイナンバー付き住民票であれば市町村役所に行くことですぐに受領できます。ただし料金は発生します。このマイナンバーが確認できる資料と必要事項を記載した資料を提出します。これらの手続きが通常のふるさと納税に比べて簡略化されているのも、ワンストップ特例制度の特徴なのです。