ふるさと納税の仕組み|ふるさと納税の仕組みを知ってお得な納税をしよう
カニ

ふるさと納税の仕組みを知ってお得な納税をしよう

ふるさと納税の仕組み

魚介類

ふるさと納税とは、寄付によって地域住民を支えるという仕組みです。その流れをお伝えします。まず、ふるさと納税を行なう方はふるさと納税先の団体へ納税を行ないます。ふるさと納税の納税先は各都道府県の地方自治体となります。納税を行なうと、その方に宛てた受領書が届きます。その受領書は確定申告の際に使用するので、それまで保管しておきます。確定申告にて送付された受領書を税務署へ提出します。すると、税務署からふるさと納税を行なった方に対して還付を行ないます。これは、ふるさと納税を行なった年分の所得税から還付されます。また、確定申告の内容は納税者の住所地地区町村へ連携されます。そして、納税者の住所地地区町村は、ふるさと納税を行なった方に対して、翌年度分の住民税を減額するのです。
この流れから、ふるさと納税を行なうことで自らの減税に繋がることが分かります。また、ふるさと納税を行なうことで、納税先の自治体からお礼品というものをもらえます。その内容は地域によって様々で、地元に特産物があるような地域なら、その特産物がお礼品になったりもするのです。減税ができ、さらにおいしいお米やお肉をお礼品としてもらえたら、二重に嬉しくなりますね。また、ふるさと納税の納税先は自由に選択することができます。必ずしもご自身の出身地でなくとも良いということになります。
上手に活用することで嬉しい利点のあるふるさと納税を、減税に役立てていきたいところですね。